MARKETINGマーケティング用語集

アイサス / AISAS

全国対応 お問い合わせ・ご相談はこちら 03-6233-7775 9:00~18:00(土・日・祝休み)

電通が提唱したプロセスモデルで、Attention(注意)→ Interest(関心)→ Search(検索)→ Action(購買)→ Share(情報共有) のイニシャルをとったもので、インターネット普及後の消費者による購買行動を説明しています。 AIDMAというプロセスモデルからDesire(欲求)、Memory(記憶)がなくなり、3番目のプロセスとして「Search」が、Action(購買)後のプロセスとして「Share」が追加されています。
Search(検索)は、サービスや商品に関心をもった消費者が、「購入前に検索エンジンで情報を調べる」というプロセスを示します。最後のShare(情報共有)は、SNSやブログ、クチコミサイトなどで、商品やサービスの評価や感想を他の者と共有することを示します。